伊勢谷容疑者のせいで自宅がバレた売れっ子俳優 小学生が「ここにいるよ」

2020年09月20日 06時15分

伊勢谷容疑者(顔写真)が逮捕された8日には大勢のマスコミが自宅前に集まった

 伊勢谷友介容疑者(44)のせいで、思わぬとばっちりだ。

 今月8日に東京・目黒区の自宅マンションで大麻を所持した大麻取締法違反で逮捕された伊勢谷容疑者。逮捕当日は自宅周辺に多くの報道陣とやじ馬がごった返したが、実は同じマンションに誰もが知る売れっ子俳優が住んでいたという。

「ブレーク中のアラフォー俳優です。本人も家の前にマスコミが大勢集まり『何ごとか!?』と思ったんじゃないですか」(ワイドショー関係者)

 同じ場所に住んでいることは、マスコミの聞き込みで発覚。近くを歩いていた小学生が「ここいるよ!」と話していたことが発端だった。

 その俳優はさわやかな顔立ちでプロ顔負けの料理の腕前を誇る。今年も映画にドラマに活躍中。独身の超売れっ子俳優だけに私生活は常に注目されており、自宅がバレてしまっては不都合が生じるのは間違いないだろう。

 芸能プロ関係者は「彼はブレークしてほどなくこのマンションを購入したと言われています。築30年ほどですがリノベーションされており、相場は8000万円前後。やっと見つけたお気に入りの自宅が、こんな形でバレるとはついてない」と話す。

 同様の〝もらい事故〟は過去にもあった。最たる例は〝スーパースター〟福山雅治(51)だ。

 2012年2月、当時、洗脳疑惑があったタレントの自宅マンションをマスコミが24時間体勢で徹底マーク。しかし、そのマンションには直前に吹石一恵(37)との熱愛が報じられていた福山も住んでおり、マスコミを警戒した福山が一時的に吹石を遠ざけた。

 その後、福山は同マンションを退去して吹石と結婚したが、今度は転居先でマンションのコンシェルジュが自宅に侵入する事件に見舞われた。

「芸能人はマスコミ対策で地下駐車場のあるところや、警備員が24時間常駐し、防犯面がしっかりしているマンションに住むことが多い。そうなると必然的に複数の芸能人が重なってしまう。今回のような事件が起きると、一網打尽でバレて、福山さんのように引っ越しを余儀なくされる人も出てくる」とは前出ワイドショー関係者。

 踏んだり蹴ったりだ。