つるの剛士が家庭農園でパクチー盗難被害 犯人の「日本語わからない」一点張りに「悲しくなるよ、ホント」

2020年09月04日 17時50分

つるの剛士

 タレントのつるの剛士(45)が4日、ツイッターで農作物の盗難被害に遭ったことを明かした。

 つるのは農林水産省が家畜や農作物、トラクター等の機械の盗難被害に注意を喚起している記事を引用し、「うちの畑も最近パクチーやられました(現行犯でしたが※「日本語わからない」の一点張り)ので気をつけてください。悲しいですが監視カメラ取りつけました」「行くたびに畑内(畝)に足跡があってかなり大量のパクチーを盗られてました。悲しくなるよ、ホント」とツイート。

 続けて「関係者以外立ち入り禁止」「WEBカメラ作動中」と書かれた立て札の写真を投稿し、「ホントはこんなことしたくないですし、今まではしなくてもよかったんですが、仕方ないもんね。次は許さんぞー!」と怒りの声を上げていた。

 つるのは8月21日に発熱。PCR検査を受けて新型コロナウイルス陰性と診断されたが、その後も症状は改善されず、25日にPCR再検査を受けて26日に陽性と診断され入院。31日に退院したことを報告していた。