ヘンリー王子&メーガン妃一家が新居を極秘購入 すでに引っ越し済み 米芸能サイトが報道 

2020年08月12日 16時14分

ヘンリー王子とメーガン妃(ロイター)

 米国・カリフォルニア州ビバリーヒルズの豪邸で借家暮らしをしていたヘンリー英王子&メーガン妃一家がすでに同地を離れ、ロサンゼルス郊外で秘密裡に購入した新居に引っ越していたと米紙ニューヨーク・ポストの芸能サイト「ページ・シックス」が12日報じた。

 夫妻が新居を買ったのはロスから北西約120キロの海に面した高級住宅地サンタバーバラ。同市は米テレビ番組司会者兼プロデューサーのオプラ・ウィンフリーや、昼の人気トーク番組司会者エレン・デジェネレスらトップセレブが居を構えることでも知られる。

 同サイトによると、一家が引っ越したのは7月上旬で、今後は息子アーチ―ちゃんをサンタバーバラで育て、永住の地にしたいという。

 ある関係者は「この家は夫妻にとって所有する初めての家。移り住んでからは完全にプライバシーを守られていて、夫婦として、また家族として、とても特別な時間を過ごしている」と同サイトに語った。

 同関係者はまた、夫妻がロスで長く生活することは当初から考えていなかったとし、米国に移住した際はメーガン妃の母親が同市に住んでいたため、一時的に滞在したとしている。

 一家が7月まで住んでいたのは米俳優兼映画監督タイラー・ペリーがビバリーヒルズに所有する1800万ドル(約19億円)の豪邸。ロスに近いことから敷地の外には常にメディアがシャッターチャンスをうかがい、中にはドローンを使って盗撮するパパラッチも現れたことから、夫妻は7月にプライバシー侵害で提訴していた。

 そんなことから新居への引っ越しは極秘で行われ、当然、具体的な場所や購入金額などについても一切公開されていない。

 同サイトによると、サンタバーバラは米国の最高級住宅地の一つで、住宅価格の相場は100万ドル(約1億600万円)以上。海を見下ろすオプラの邸宅は9000万ドル(約96億円)とされる。一家の新居についても、いずれ明らかになることは間違いない。