【都知事選】須藤元気氏 立民に「3回離党届出した」 山本太郎氏の応援に駆け付ける

2020年06月24日 21時18分

山本太郎氏の応援に駆け付けた須藤氏

 元格闘家の須藤元気参院議員(42)が24日、新宿駅東南口で行われた、れいわ新選組の公認で東京都知事選挙(来月5日投開票)に立候補した山本太郎氏(45)の応援演説に再び駆けつけた。

 立憲民主党(枝野幸男代表)は、須藤氏の離党届を不受理とし、当面は「静観する」。

 山本氏の街頭演説中にマスコミからの質問を受け付けた須藤氏は、立民が離党届を受理しない姿勢について「3回(立民に)離党届を出したんですが、受理してもらっていません。いまは党本部に従い、宙ぶらりんの状態です。(次の衆院選にれいわから立候補するのか)それは全く考えていません」と心境を語った。

 山本氏への応援演説では、昨年7月の参院選で山本氏とのマル秘エピソードを披露した。

「れいわ新選組のスタッフから『党は違うけど、山本太郎さんと一緒に国をよくしてください』といわれ、運命的な出会いを感じた。いまは山本太郎さんを都知事にするために全力をつくす。みんなで声をあげれば(小池百合子知事に)必ず勝てます。いまのぼくは山本太郎を都知事にすることしかありません」

 この日も立民内では須藤氏を離党させず、党に引き止める動きが出た。

 須藤氏は街頭演説の終了後、本紙の「立民が引き留めても、離党する意思は絶対にかわらないのか?」という直撃に「かわりません!」と断言した。