百田尚樹氏 東京都知事選に「腐ったゴミ溜めみたいになってきたなあ」

2020年06月15日 20時01分

百田尚樹氏

 作家の百田尚樹氏(64)が15日、自身のツイッターを更新。東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)について「なんか都知事選が腐ったゴミ溜めみたいになってきたなあ、何年か前のクズの集まりが懐かしい…」と投稿した。

 都知事選には、この日、れいわ新選組の山本太郎代表(44)が出馬を表明し、東京五輪・パラリンピックの中止や新型コロナウイルス対策で全都民に10万円を給付する考えを示した。

 また、再戦を目指す小池百合子都知事(67)、立憲民主、共産、社民の3党が支援する元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)がすでに出馬を表明。他に日本維新の会が推薦する元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)らも立候補を予定している。