流れ星・瀧上「別居する事になりました!」 妻・小林礼奈は瀧上の実家へ

2020年06月01日 22時48分

小林の写真を持って結婚を報告した瀧上だったが…

 人気お笑いコンビ「流れ星」の瀧上伸一郎(年齢非公表)が1日、ツイッターを更新。13歳下の妻で個性派タレントの小林礼奈(28)と“別居”したことを報告した。

 当サイトは先日、2人の“別居”を報じていたが、瀧上がかたくなに否定。しかし、この日「東スポさん! 正確には別居は今日からでした!」と投稿した。

 ブログでも「嫁もブログに書いてますが、この度別居する事になりました!」と改めて報告。「コロナに負けたというかウサギに負けたというか 僕らのブログ読者の方ならなんとなく分かるかと思いますが、どちらが悪いとかじゃなくてどっちも悪いしどっちもどっちな感じです」とつづった 

 続けて「という訳で嫁と娘は暫く僕の実家に帰ります。って何で俺の実家なんだよ! まぁジジイもババアも孫会えて喜ぶから良いけど。とにかく暫くお互い離れて頭を冷やしたいと思います」と妻子は瀧上の実家で過ごすというのだから、縁が切れたわけではない。

 一方の小林も、ブログで「夫婦喧嘩が増えてしまい子供に悪影響なため、しばらくの間旦那の実家の高山に行く事になりました! 自分の実家には諸事情により帰れませんでした 別居説 否定しておきながらすいません。別居になっちゃいました。悲しいが、コロナに負けました」と明かした。

 出会いから8年、結婚から4年が経過したが、コロナ禍の営業激減で、それまで月に3日程度しか帰宅しなかった瀧上が自宅で過ごすようになり、頻繁に衝突するようになった。大きな夫婦ゲンカを繰り返し、関係は最悪に。ついにはネット上でも夫婦ゲンカを繰り広げ、全国に恥をさらすハメになった(現在は削除)。

 もともと実母と折り合いが悪い瀧上に対し、小林は性格が似ている義母と気が合うそうで「私は高山のお母さん(義母)のことが大好きでして、いつも味方してくれるので頼りにしています」という。

 義母と瀧上の関係が自分たち夫婦とかぶる部分があり、瀧上の実家行きを決めた。このところ、夫婦の関係悪化を受けて3歳の長女が情緒不安定になっていることもあり、娘の大好きな祖母がいて、大自然に包まれた岐阜・高山で過ごすことにした。

 イケメンの瀧上は異性のみならず同性からもモテモテで長年、気ままな独身生活を送ってきたことから、家庭になじまない面がある。だが、2014年に本紙「東スポ映画大賞 ビートたけしのエンタメ賞」で「日本芸能賞」を受賞し、たけしからネタ作りの才能を高く評価された逸材だ。

 また、豚好きが高じてものまねタレントを投げ出し、昼は養豚場、夜はキャバクラに勤務していた小林もかなりの個性派だ。新型コロナ感染に十分注意しつつ、お互いの個性に引かれ合ってできちゃった婚した、あのころを思い出し、冷却期間を経て仲直りしてもらいたいものだ。