竹内涼真と三吉彩花に熱愛報道 モテ男ぶりは“令和の火野正平”

2020年05月29日 17時00分

熱愛が浮上した竹内涼真(左)と三吉彩花

 人気俳優・竹内涼真(27)に新たな熱愛が浮上した。29日発売の写真週刊誌「フライデー」は、元「Seventeen」モデルで人気急上昇中の女優・三吉彩花(23)との熱愛を報じた。

 同誌によれば5月中旬、竹内は三吉と仲むつまじげに買い物を楽しんだ後、自慢の白い高級外車に乗り込んだ。同乗していた友人を降ろした後の深夜0時過ぎ、竹内の自宅である高層マンションに三吉が慣れたそぶりで入っていったと報じている。双方の所属事務所はともに「仲のいい友人の一人と聞いている」としている。

 竹内といえば、2017年放送の連続ドラマ「陸王」(TBS系)で共演した女優・吉谷彩子(28)との熱愛が、18年暮れに報じられたが、同誌によると今年4月に破局したという。

 この破局について、ある芸能関係者は「『竹内が吉谷を捨てた』というと、ちょっと語弊はあるかも。ただ、あまりいい別れ方ではなかったのでは、という話もある。吉谷とは『陸王』の共演がきっかけでしたが、三吉と出会ったのも仕事がきっかけといわれている」という。

 ただ、彼女と別れてもすぐに新しい女性と出会うのがモテ男の竹内だ。

 テレビ局関係者は「彼がモテるのはよく分かる。さわやかなマスクのうえ、高校時代はサッカーの東京ヴェルディユースに所属していたほどスポーツ万能。周囲への気配りもできて、一緒に仕事をした女性スタッフなんか、みんなメロメロになる。共演女優がすぐに落ちてしまうのも無理はない。“共演者キラー”になるのも当然だろう」。

“共演者キラー”といえば、かつては俳優・火野正平(70)の代名詞だった。少しタイプは違うが、“令和の火野正平”の誕生といってよさそうだ。