高須院長 クリニックの感染防止策を主張「ホワイト企業です」

2020年05月27日 11時51分

高須克弥院長

 高須クリニックの高須克弥院長(75)が27日、ツイッターを更新。同院を「ホワイト企業」と主張した。

 高須院長は「高須クリニックの医師、看護師さん、受け付けの方々のお給料を上げて下さい。このコロナの時に美容整形は不要不急の医療です。患者さんが感染しても抜糸などで必ず行くと思います。危険を伴っています。これ以上、医療従事者の手を煩わさないで下さい」との投稿に応える形でツイート。

「高須クリニックの医師、看護士さんの給料は年俸制です。毎年改定です。受付嬢は固定給以外に労働と能力に応じて特別給与があります。現在は武漢肺炎制圧自粛に協力中です。1時間の時短を行い感染防止に最大の注意を払っております。ホワイト企業です」と訴えた。

 一般に美容整形手術には腫れやむくみが引くまでの期間「ダウンタイム」が必要だが、在宅勤務が推奨される自粛期間中は他人と顔を合わせる心配がないため、この機会にと思い切って整形に踏み切る患者が続出。美容整形業界は活況を呈しているという。

 世界屈指の“名医”と評判の高須院長はフェースガードなどで完全防備し、新幹線で全国の分院を駆け回る多忙な日々を送っている。