医療従事者の肉声ねじ曲げたテレ朝 真逆報道の裏に「視聴率調査の変更」

2020年05月09日 17時00分

テレビ朝日

 世界中からエールが寄せられる医療従事者の肉声がねじ曲げられた!!テレビ朝日系情報番組「グッド!モーニング」が、新型コロナウイルスと闘う日本人医師のコメントを恣意的に編集してネット炎上した問題で、テレ朝は8日、同医師の考えを12日に追加で放送すると発表した。

 7日の放送では、ベルギーで医療に従事していた医師の澁谷泰介氏のコメントを紹介した。ただ、真意とは真逆に見えるように編集されたようで、澁谷氏はフェイスブックでPCR検査について「(番組側は)これから検査数をどんどん増やすべきだというコメントが欲しかったようで繰り返しコメントを求められました」と明かして「私は今の段階でPCR検査をいたずらに増やそうとするのは得策ではないとその都度コメントさせていただきました」と説明した。

「PCR検査を大至急増やすべきだ!というメッセージの一部として僕の映像が編集され真逆の意見として見えるように放送されてしまいとても悲しくなりました」と記した。

 澁谷氏の言及を受けてネット上は瞬く間に炎上した。

「“PCR検査を増やすべき”という論調は世間ウケが良い。それに沿った報道をしたくて、澁谷医師のコメントを意図的に編集して使ったようです」(テレビ局関係者)

 番組がここまで“強引な手法”を取ったのは、やはり視聴率が理由だ。

 ビデオリサーチによる視聴率発表は3月30日からリニューアルされた。個人視聴率調査をこれまでの4地区(関東、関西、名古屋、北部九州)から、全地区に拡大。より正確な視聴率が発表されるようになった。

「この変更でテレビ各局は4月からより大衆ウケを狙うようになっています。『グッド!――』もそうだけど、今回はさすがにやり過ぎ。問題外です」と前出関係者は厳しく切り捨てた。