赤江珠緒アナが新型コロナ感染を報告 娘は陰性

2020年04月18日 16時40分

赤江珠緒アナウンサー

 TBSラジオは18日、「赤江珠緒 たまむすび」(月~木曜午後1時)のパーソナリティーを務めるフリーアナウンサー・赤江珠緒(45)がPCR検査の結果、新型コロナウイルス陽性が判明したと発表した。

 本人から報告があったため明らかにしたもので、赤江アナのコメントは以下の通り。

「赤江珠緒のPCR検査結果が出ましたので、ご報告致します。赤江珠緒本人は新型コロナウイルス『陽性』。娘は『陰性』でした。4月15日に発症。今のところ自宅で療養中です。念のため11日以降は家族揃って社会活動を一切止めておりました。回復してラジオに復帰しましたら、私どもの体験をお話できたらと思っております」

 赤江は、夫がテレビ朝日系「報道ステーション」のスタッフだったため、13日から番組出演を見合わせて自宅待機。16日にファクスで夫の感染を報告していた。

 なお、赤江が東京・港区のTBSラジオに最後に来社したのは9日といい、発表では「番組の共演者、および制作スタッフに濃厚接触該当者はいないと認識しております」としている。

 また、感染防止対策として「スタジオ内人数制限や、密閉を避けるためにスタジオの扉を開放しての使用。飛沫感染を防止するための出演者間にアクリル板の設置。紫外線での空気殺菌装置『エアロシールド』の導入。スタジオ使用毎に消毒清掃を行っております」などと説明した。