86歳の黒柳徹子が自宅トレ公開したワケ「せめて私は元気でいようと思って…」

2020年04月14日 12時30分

インスタグラム(@tetsukokuroyanagi)から

 長寿番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)の司会者で、ユニセフ親善大使の黒柳徹子(86)が14日、インスタグラムを更新。自宅で元気にトレーニングする姿を動画で公開した。

 黒柳は自宅でエアロバイクを漕ぐ姿をアップ。「私は、元気で暮らしています。健康を維持するため、家の中で、筋トレやストレッチ、自転車漕ぎをやってます。今まで、時間がなくて読めなかった本を読んだり、ごちゃごちゃになった昔の写真の整理もやってます。おもしろい写真が見つかったら、ご紹介しますね。とにかく、みんなで、この危機を乗り越えましょう!」と文章を添えた。

 動画では「やはり医療関係の方、それから病院の方たち、保健所の方たち、そういう方たち、どんなに大変なお仕事だろうと思うと、お手伝いが何もできなくて申し訳なく思っておりますが、せめて私は元気でいようと思ってこんなことをやっております」とコメント。医療従事者に感謝しつつ、今自分のできる最大限のことをやろうという気構えが伝わってくる。

 フォロワーも「えっすごい!お若い!トットチャン」「元気もらいました!私も一緒に自転車漕ぎ頑張ります」「お元気なお姿を拝見できてうれしいです」「すご~い一緒に乗り越えましょう」「徹子さんのおかげで気持ちが明るくな利ました」と元気づけられたようだ。