日本エレキテル連合9月に“新キャラ多数”の単独公演を発表

2020年04月01日 13時00分

日本エレキテル連合の橋本小雪(左)と中野聡子

 お笑いコンビ「日本エレキテル連合」(中野聡子=36、橋本小雪=35)が単独公演「Neo Doki―Doki(ネオ ドキ ドキ)」(9月17~20日)を開催することを1日、発表した。

 女性コント師として、常に進化し続けるエレキテルは「だめよ~だめ、だめ」のフレーズで人気のキャラ「朱美ちゃん」や、ご主人様の忠実なしもべキャラ「三好」、妙にエロい「高須クリ子」など、300以上の鮮烈なオリジナルキャラを持つ。今回のライブもすべて新作キャラが登場する意欲作となっている。

 2人は「いまだかつて味わったことのない胸の高鳴りをなんと表現しよう…。それはいまだかつてない感情なのだから名前がないのです。なので、作りました。『ネオ ドキドキ』。今回のライブではお客様に「面白い」と「ネオ ドキ ドキ」を持ち帰っていただければ私達の勝ちです!」とコメント。

 中野は今年初め、お笑い芸人の松尾アトム前派出所と結婚。新婚ホヤホヤの中野が生み出すネタにも注目だ。