仮面女子・猪狩ともか 9月卒業へ「けがをしてやりたいことが明確に」

2020年02月17日 22時29分

卒業を発表した猪狩ともか

 車いすアイドルとして活動する「仮面女子」の猪狩ともか(28=スチームガールズ)が17日、東京・秋葉原の仮面女子カフェ2部公演でグループからの卒業を発表した。卒業後も事務所に在籍し、タレントとして活動する。

 この日、ライブを終えた猪狩は「3周年、あっという間だった。9月19日、羽田でワンマンライブをする。それをひと区切りに卒業します」と報告。ファンを前に「本当に仮面女子という存在に何度も救われてきて、きっと仮面女子にいなかったら、けがをした時に帰ってこられる居場所はなかったと思うほど、仮面女子で良かったと思う。でもグループに頼るのではなく、猪狩ともか個人として活動していきたいと思い、卒業を決意した」と涙ながらに語った。

 さらに「車いすで活動するアイドルとして注目していただくことがなかったら、卒業後に一人で活動していける人ではなかったと思う。けがしたことによって開けた新しい道だと思う。けがをして失ったものも多いけど、やりたいことが明確になった。新しい可能性を信じて頑張りたい。すごい寂しいけど、卒業してもアリスプロジェクトで活動を続ける。これからもずっとつながっていたい」と声を震わせた。

 ワンマンライブへ向けては「成功させて、私は仮面女子を卒業する。日程は決まっていない。卒業式の日程が決まったらお知らせする。ライブしている私を好きと思っている方は寂しいと思うけど、これからの猪狩ともかを応援してくれたらいいなと思う」と語った。

 猪狩は2018年4月、強風で倒れた看板の下敷きになり、脊髄を損傷。下半身まひとなり車いすでの生活になったが、仮面女子としてアイドル活動継続することを表明。けがから約4か月後の8月26日に東京・秋葉原の常設劇場「仮面女子カフェ」でステージ復帰を果たした。