千葉真一 梅宮辰夫さんの訃報に「日本の映画業界について語り合いたかった」

2019年12月12日 19時27分

千葉真一

 俳優の千葉真一(80)が12日、梅宮辰夫さんの訃報を受けて、お悔やみのコメントを発表した。

 千葉は「辰ちゃんが亡くなったと聞いて、とても残念です。もっと長く生きて一緒に日本の映画業界についてもっと語り合いたかったです。ご冥福をお祈り申し上げます」(原文ママ)と追悼した。

 続けて「辰ちゃんは僕の東映の先輩で、年齢も一つしか変わらないんだけど実は、当時はほとんど一緒になることが無かったんですね」と明かし「僕は、当時JACで役者を育てていたから、仕事が終わるといつも生徒たちのもとへ行っていたから一緒に飲みに行くということもなくて、でも、年齢も近いし、東映の一つ先輩としていつも意識している存在でした」と理由を説明した。

 そして「10年くらい前から数回、テレビで共演するようになって、(高倉)健さんのエピソードで盛り上がった日々が懐かしい思い出です」と振り返った。

【関連記事】