小川彩佳アナを追放した報ステCPセクハラ懲戒 10人以上が被害

2019年09月05日 11時00分

小川彩佳アナ

 女子アナも触り放題! テレビ朝日系の看板報道番組「報道ステーション」の40代のチーフプロデューサー(CP)A氏が、セクハラで懲戒処分を受けていたことが分かった。昨年9月、同番組サブキャスターだった小川彩佳アナウンサー(34)を番組から追放、結果的に放送時間帯が一部重なるライバル番組「NEWS23」(TBS系)のキャスターに移籍した騒動のきっかけとなった人物。今回、明らかになったのは、女子アナを含む女性スタッフ10人以上へのおぞましすぎるセクハラの実態だった。

 A氏は昨年7月、「グッド!モーニング」CPから「報道ステーション」CPになった人物。

「安倍政権批判を嫌う早河洋会長の意向で就任した“子飼いのCP”といわれていました。大きな仕事としては昨年9月、小川彩佳を降板させ、会長のお気に入りだった徳永有美をメインに据えたのもA氏ですよ」とはテレ朝関係者。

 A氏は1993年入社で40代後半の妻子持ち。8月30日付でテレ朝内に通達された処分発表では「社員としてふさわしくない行為があったことにより、就業規則に基づき、社員1人に謹慎の懲戒処分を行った」とされ、氏名や役職などは伏せられた。担当職務を解かれた。

 同社広報部は3日、「社員がこのような事態を起こしたことを重く受け止め、再発防止をより一層徹底していく」とコメントしている。

「報ステ」内ではトップの地位にある人物の謹慎処分だけに発表せざるを得ず、その後、A氏が番組を外れることが判明した。権力者の処分が決まり、その原因が女性スタッフへのセクハラだったことも漏れ聞こえてきた。

「ふだんから、会長の威光をかさに着るような感じで、番組では政権批判も控えるような姿勢ばかりで評判は悪かった。加えてCPの権限を悪用してセクハラし放題だった。女子アナや前の担当番組から連れてきた女性スタッフを食事に連れ出し、体を触るわ、キスするわ、送った女性の自宅に無理やり入り込もうとしたりしていたというのだから、あきれるしかない」(前出のテレ朝関係者)

 会長の威光をタテに女子アナやスタッフを触り放題とは、まさにおぞましいセクハラ常習者だ。

 こんなA氏だけに、10人以上の女性からテレ朝内のコンプライアンス統括室に「セクハラを受けた」との告発があり、7月上旬からコンプライアンス統括室を中心に調査を進めた結果、事実関係を確認。8月30日に処分が決まった。

 昨年9月の小川アナの「報ステ」卒業にあたっても、A氏の意向が色濃かったといわれる。小川アナは異動となったネット番組でキャスターとは名ばかりで、コスプレまでさせられたことに激怒して、TBS「NEWS23」からのオファーに傾いたといわれる。

 一方、元テレ朝で内村光良の妻・徳永有美アナを起用。徳永アナは同期入社のテレ朝社員との婚姻中、内村との不倫が発覚し離婚後、内村と結婚した経緯がある。

「徳永は系列のインターネット番組でアナウンサー業を本格化させていたとはいえ、過去に不倫の傷があり、内村はいまだにテレ朝は出入り禁止ですからね。そんな人事ができるのは、早河会長の意向を受けたA氏しかいない」(前出のテレ朝関係者)

 このテレ朝関係者は続けて「小川アナがテレ朝を去る決断をしたのは、一部の権力者によって政権批判もできない報道姿勢にへきえきし、自分を降板させたA氏のセクハラも聞いていたからと言われています。セクハラを自覚しない、それを隠蔽する体質にもあきれ果てたようです」とも。

 A氏は傲慢になりすぎていたところに、犯罪ともいうべきセクハラが発覚し、非難ごうごう。看板番組のトップとしてはまるでふさわしくない人物だったようだ。

【テレ朝とセクハラ】昨年4月、財務省事務次官からのセクハラ被害に遭った女性記者が自社の記者だったことを発表したのが記憶に新しい。この時はテレ朝が会見し、女性記者を守る姿勢を見せていた。

 だが、これにも裏があったようだ。

 テレ朝の内情に詳しい関係者は「女性記者はセクハラの実態を報じるべきとしたにもかかわらず、1年以上も放置されていた。シビレを切らした女性記者が情報提供した週刊誌報道で明らかになって、慌てて会見したというのが実情だったようだ」。

 このところ視聴率も好調で、3冠王の日本テレビに肉薄していたテレ朝だが、看板番組のCPという権力者のハレンチな所業が局のイメージを悪化させ、視聴者からソッポを向かれることになりかねない。