反進次郎派が暗躍 滝クリ“恥”写真発掘 永田町ですでに複数枚出回る

2019年08月31日 11時00分

意外なことに酒豪だという滝クリ。お酒が進むとハイテンション!?

 今度は滝クリだ。あまたの女子アナとの交際遍歴が暴かれている自民党・小泉進次郎衆院議員(38)と“デキ婚”したフリーアナウンサー・滝川クリステル(41)が、最初の試練を迎えた。進次郎氏との結婚で一躍、“将来のファーストレディー候補”に躍り出たが、このタイミングを見計らったかのように、滝クリの過去のプライベート写真が永田町で出回り始めているのだ。進次郎氏の足を引っ張りたい勢力が暗躍し、滝クリの“恥ずかしい写真”を大捜索しているとの情報もある。

 滝クリは2000年代前半に、フジテレビ系夜の報道番組「ニュースJAPAN」でメインキャスターを務め、画面に映るその姿から“斜め45度の女神”と称された。

 13年の国際オリンピック委員会(IOC)総会では、「お・も・て・な・し」の名プレゼンで、20年東京五輪の招致に貢献。時の人となった。

 開幕まで1年を切った東京五輪に向けて再び仕事のオファーが殺到すると思われたが今月7日、事態は急転する。政界のプリンスにして“将来の首相候補”である進次郎氏との“おめでた婚”を電撃発表。世間のド肝を抜いた。

 物騒なニュースが多い中、超大物カップルのゴールインの一報で祝福ムードに包まれたがその半面、不穏な空気も流れている。進次郎氏との入籍直後から、永田町かいわいでは滝クリのプライベート写真が複数枚出回り始めているのだ。

 そのうち、本紙が実際に確認した一枚には、15年に都内で行われたパーティーの席で、滝クリが両手を上げて大はしゃぎしているように見える姿が写っていた。

「クールビューティーのイメージが強いけど、酒を口にすると明るくはしゃいで、芸人のようにオーバーアクションしていた。その時はシャンパンをおいしそうに飲んでいた」(パーティーで目撃した関係者)

 この写真は、酒を飲んでテンションが上がった姿を第三者によって撮られただけで、スキャンダル性はまったくない。とはいえ、“将来のファーストレディー候補”にとって、酒を飲んではしゃいでいる姿を見せることはマイナスにこそなれプラスになることはないだろう。一般庶民とは違って、どうしても清廉潔白さが求められてしまうからだ。

 不思議なのは、なぜ今になってこのような写真が出回っているかだ。

「クリステル、そして進次郎氏の足を引っ張ろうとする勢力が暗躍しているようだ。他にもプライベートショットがないか、血まなこになって探している。すでに何枚かの写真を入手し、週刊誌に持ち込んだとの情報もある」(事情通)というから聞き捨てならない。

 その滝クリは、イメージとは異なり“隠れ酒豪”として知られている。

「基本的にワインをず~っと飲み続ける。白じゃなくて赤。酔い潰れた姿は見たことがないほど強い」(テレビ局関係者)

 決して泥酔することはないが、酒が進むとテレビ画面では見せたことがないほどハイテンションになって大胆になることもあったという。

「酒が入ると大胆になるのか、付き合っていない知人男性にも体を寄り添い、周囲がドキッとしたこともあったほど」(出版関係者)。現在は妊娠中のため飲酒していないが、もともとは酒好きの滝クリだからこそ、心配の声が上がっているのだ。「スマホが普及した影響で、国民総カメラマンと言える時代。いつどこで誰に何を撮られたか、分からない。滝クリのテンションがマックスまで上がり、はじけ切った過去の写真が出てこなければいいけど…」と前出の事情通。

 政界では、安倍晋三首相の昭恵夫人がたびたびスパークし、ぶっ飛んだ言動で首相の足を引っ張った前例もある。“反進次郎”勢力は、滝クリを使って同様のことを仕掛けようとしており、だからこそ必死になって写真を大捜索しているのだ。