坂上忍 “闇営業”問題でウソ発覚の宮迫に「相手の素性が分からないのにノーギャラは“ない”」

2019年06月25日 13時38分

坂上忍

 25日に放送されたフジテレビ系「バイキング」では、吉本興業のお笑い芸人11人が反社会勢力との“闇営業”問題で謹慎処分を受けたことを特集した。

 詐欺グループのパーティーに所属事務所を通さず参加した“闇営業”問題で、仲介役の「カラテカ」入江慎也(42)は4日に契約解消。「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)、「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(47)は当初、「ギャラはもらっていなかった」として厳重注意を受けた。その後も「金銭授受」の報道が続き、吉本は24日になって「金銭授受があった」として11人を謹慎処分にしたと発表した。

 ギャラの受け取りについてウソが発覚したことに坂上忍(52)は「『ギャラをもらっていない』っていう宮迫君の言葉を聞い時に、業界の人だったらほとんどの人が『えっ?』って思うはずなんです。親戚とか、一生かかっても恩返ししようがない人なら、ノーギャラで、営業とかじゃなくて行くことがあってもいいと思う。でも、相手の素性が分かってないのに、ノーギャラっていうのは僕らの感覚では“ない”わけですよ」と語った。

 そして「大事なのは、たまたま悪い人たちに当たっちゃったんだっていう意識はやめた方がいい。調べなきゃいけない。俺がびっくりしたのは、宮迫くんや亮くんは、番組の看板をしょっているわけでしょ。あのクラスの人たちが“直”(事務所を通さず仕事を受ける)をやっているってのが信じられなかった」と指摘した。