独立決断の中居正広にテレビ局から新番組&特番オファー続々

2020年02月20日 15時37分

ジャニーズ事務所

 ジャニーズ事務所のメリー喜多川会長が勇退、そして去就が注目されていた元SMAPの中居正広(47)がついに独立することが分かった。退所が既定路線とみられていた中居には、新しい仕事がどんどん決まっているようだ。

「春からTBSで新番組が始まると聞いている。また4月には日テレで『ナカイの窓』の制作チームによる特番もすでに決まっている」とテレビ局関係者。

 また年末恒例特番にもかかわらず昨年末には放送されず、物議を醸した中居MCのスポーツバラエティー番組「中居正広のプロ野球魂」(テレビ朝日系)がプロ野球開幕直前の3月に放送されることも判明した。

「放送がないことが明らかになって、SNS上では『なぜ、放送しないんだ』という声が噴出しました。まだまだ、プロ野球は数字(視聴率)が見込めるコンテンツなので、開幕前の特番で結果が出れば、今年末にも(恒例特番として)復活する可能性がある」(広告代理店関係者)

 中居自身もこの番組には思い入れがあるようで、気合が入っている。

 これまでの例では、ジャニーズ退所=仕事減、というのは芸能界の“常識”であった。にもかかわらず、現状維持どころか増えるということは、独立後もジャニーズとは完全決裂するのではなく、ある程度は協調路線を取っていくということなのか。