水森かおり 長野・伊那市で17回目紅白出場誓う

2019年08月04日 20時44分

伊那まつりに参加した水森かおり

 演歌歌手・水森かおり(45)が4日、最新シングル「高遠 さくら路」の舞台となった長野・伊那市で開催された「伊那まつり~遊ingビレッジ~」で歌唱イベントを行った。

 今年で62回目を数える長野・上伊那地域の夏の一大イベントで「伊那市観光大使」を務める水森は、大勢のファンや観光客らが詰めかける中「『伊那市観光大使』にも任命していただきました。このステージをご縁に、また身近に応援していただければなと思っております」とあいさつ。「高遠――」や大ヒット曲「鳥取砂丘」、サンドウィッチマンとのデュエット曲「笑顔で遠まわり」などを熱唱した。

 最後に「『高遠 さくら路』を一緒に歌ってくださっている方がたくさんいらっしゃってうれしかったです。暑い中、こうして応援していただいた皆さんにいいご報告ができるように、令和始まって初の紅白歌合戦、もし出していただけるなら、今年で17回目の出場になりますが、ぜひ頑張って歌っていきたい」と笑顔を見せた。