織田&反町初共演の月9「スーツ2」初回視聴率11・1%の好発進

2020年04月14日 12時26分

織田裕二

 俳優の織田裕二(52)が主演するフジテレビ系の月9ドラマ「SUITS/スーツ2」が13日にスタートし、初回の平均世帯視聴率初回は11・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが14日、分かった。第1シーズン(2018年)の初回14・2%に続き、2桁発進となった。

「SUITS/スーツ2」は、同名の全米メガヒットドラマのシーズン2が原作。負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午(織田)と経歴詐称の天才ニセ弁護士・鈴木大輔(中島裕翔)がさまざまな訴訟に向き合い、解決していく物語の第2弾。前作は全話平均視聴率が10・8%と2桁を超えた人気作。

 第1話のスペシャルゲストとして俳優の反町隆史(46)が登場。月9は1999年1月期の「Over Time オーバー・タイム」以来21年ぶりで、プライベートで仲がいいという織田とは初共演だった。

 コロナウイルス感染拡大の中で、同局は7日に連ドラ撮影を当面の間、休止することを発表していた。各局とも連ドラの放送開始延期が相次ぐ中で、早めの2月初旬にクランクインしていたため、予定通りスタートを切ることができた。