岡田奈々 4回目で念願のAKB48グループ歌姫に輝き感涙「今年も先頭に立って頑張らなきゃ」

2022年01月12日 22時18分

トロフィーを手に笑顔の岡田奈々(東スポWeb)
トロフィーを手に笑顔の岡田奈々(東スポWeb)

 AKB48グループの歌姫の座を競う「第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の決勝大会が12日、千葉・舞浜アンフィシアターで行われ、AKB48兼STU48の岡田奈々(24)が4代目女王に輝いた。

 4年連続4回目の開催となった同イベントには、国内6グループ92人が立候補。予選を勝ち抜いた20人が決定戦に出演した。
 
 優勝した岡田は第1回大会から出場し、すべて予選を突破。過去の順位は3位、5位、3位といま一歩頂点に及ばなかったが、念願の優勝となった。岡田はご褒美として、秋元康氏のプロデュースによるオリジナルソロ曲が贈られる。

 岡田は「ええ~! あの…大丈夫ですか? 本当に大丈夫ですか?」と信じられない表情。涙を浮かべつつ「ありがとうございます。今まで全部の大会に出てきて、このイベントが私を強くして成長させてくれた。くじけず出てよかったです」と笑みを浮かべた。

 AKB48では“どえらいダンス”が大きな話題を集めた最新シングル「根も葉もRumor」でセンターを務め、グループをけん引してきた。

 岡田は改めて「自分が今年も先頭に立って頑張らなきゃという気持ちです。恥じない活躍をしたい。48グループを盛り上げたいなと思うので、これからもよろしくお願いします」と決意を述べ、頭を下げた。

 なお、2位は前回女王のSTU48・池田裕楽、3位はSTU48・矢野帆夏が輝いた。

関連タグ: