AKB48・小田えりな、清水麻璃亜が芸能事務所「セントラル」所属を発表

2020年10月30日 19時12分

小田えりな(左)と清水麻璃亜

 AKB48の小田えりな(23)と清水麻璃亜(23)が30日、芸能事務所「セントラル」に所属することが分かった。この日、午後6時からスタートした動画配信サービス「SHOWROOM」の番組内で発表された。

「セントラル」には、タレントの山田まりや(40)や俳優の武田航平(34)、元AKB48で女優の田野優花(23)らが所属している。小田と清水は「このたび11月1日に芸能事務所、セントラルさんに所属させていただくことになりました」と報告した。

 小田はAKB48チーム8および同チームKメンバー。歌唱力に定評があり、12月1日に行われる国内48グループの歌姫を決める「第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の決勝大会にも進出。一方、舞台など女優として活動の幅を広げている。

 小田は「私は元々歌が好きで、AKBに入って舞台も経験させていただいて。実力がないなと実感することが多かった。(事務所の)先輩方から学びつつ実力を上げていろんなことにチャレンジできたら。ソロライブやいろんな舞台にも挑戦したい」と意気込んだ。

 清水はAKB48チーム8および同チームBメンバー。調理師免許を持ち、料理自慢で知られる一方で、舞台経験豊富で女優としてさらなる活躍が期待される。

 清水「『女優さんになりたい』と口にできるようになって。これを機に頑張って、もっと上にいけるように。個人としていろんなことに挑戦したい」と力を込めた。