指原莉乃 「指原オタク」を自称し〝5ちゃん〟降臨!?「note」IPアドレス漏えいで

2020年08月15日 05時15分

指原莉乃

 コンテンツ配信サービス「note」を運営するnote社は14日、記事投稿者のIPアドレスが第三者から確認できてしまう不具合があったことを公表し、謝罪した。

 同社によると、ユーザーが直近でログインしたIPアドレスが、記事詳細ページのソースコードから確認可能な状態に。14日午前10時40分に不具合を検知し、午前11時56分に修正したという。

 ただ、漏えいした有名人のnoteからIPアドレスを特定し、大手ネット掲示板「5ちゃんねる」など匿名掲示板への書き込みと比較。該当したIPアドレスの発言を本人と同一視し、SNSに公開するネット民が現れた。

 なかでもタレントの指原莉乃(27)は5ちゃんへの書き込みの可能性を指摘され、「指原莉乃」がツイッターのトレンドワード上位にランキングされる事態になった。

 具体的には、自身がプロデュースを手掛ける「=LOVE(イコールラブ)」のスレッドに登場。指原オタクを自称し、「指オタはもういい加減イコラブとの絡みは諦めろよ」「俺も指オタだけど本人が明らかに嫌がってる」などと熱弁。しかし、超売れっ子芸能人・指原が「5ちゃんねるにまだいるのか!」という驚きの声ともに、ネット民の好感度が爆上げになっているのだ。

「指原はアイドルになる前から匿名掲示板の常連だった過去を明かしているが、さすがに今は書いていないだろうと思われていた。それがまだ〝降臨〟していたのかとネット民が沸いた。しかも書き込みが悪口ではなく、メンバーを守る内容。こうした流出ではめったにない『好感度爆上げ!』の事態になっている」(芸能プロ関係者)

 ただ関係者は指原が書き込んだ可能性を〝否定〟。note社も「(同じ)IPアドレスを利用して他のサイトにアクセスした履歴が本人だと断定することはできない」とした。

 本人でもそうでないにしても好感度がアップするとは…指原恐るべしといったところか。