スキャンダル写真騒動を乗り越えた夏目アナ

2015年09月05日 06時00分

夏目三久

 4日発売の写真誌「フライデー」が、人気女子アナの不倫ハメ撮り写真を衝撃掲載した。女子アナのスキャンダル写真が写真誌に流出した例では、当時日本テレビの人気アナで現在タレントの夏目三久(31)の例がある。

 夏目アナに、思い出したくもない“コンドーム写真流出”スキャンダルがあったのは2009年のことだった。

 07年に日テレに入社した当時、昼の人気情報バラエティー番組「おもいッきりイイ!!テレビ」のアシスタントぶりが評価され、わずか2年にして後継番組の「おもいッきりDON!」の司会に大抜てき。これから日テレの看板女子アナとして飛躍するとみられていたタイミングで写真誌「FLASH」にとんでもない写真をスッパ抜かれてしまった。

 某有名メーカーのコンドームのパッケージを手に持ち、満面に笑みを浮かべる写真が掲載されたのだ。このときの夏目は裸だったわけでもなく、ベッドに横たわってもいなかった。

 だが、このころの日テレは他局以上に「女子アナには清廉性が必要」としていたのだろう。夏目は「おもいッきりDON!」を降板させられてしまった。局内に夏目の居場所はなくなり結局、退社するハメになった。

 ところが、捨てる神あれば拾う神ありの例えの通りフリーとして再出発し「マツコ&有吉の怒り新党」(テレ朝系)に出演すると人気が急上昇。あれよあれよという間にレギュラー4本の売れっ子アナになった。年収も局アナ時代の数倍にもなったといわれている。

 スキャンダルの一つや二つでは「潰れない!」のが、今の時代の女子アナかもしれない。