カトパン地獄絵図 元カレ披露宴で衝撃仕打ち

2015年02月16日 08時00分

“元カレ”の披露宴で出席者の視線を集めた加藤アナ

 カトパンがかわいそう過ぎる!! 昨年9月に結婚したフジテレビの“ショーパン”こと生野陽子アナウンサー(30)と中村光宏アナ(30)が8日に都内で挙式、披露宴を行い話題となった。当然ながら新郎新婦が主人公と思いきや、フジ関係者ら出席者たちが注視したのは、ショーパンのライバル“カトパン”こと加藤綾子アナ(29)。なんと披露宴では、カトパンが周囲の同情を集めたそうで、その光景はまるで“地獄絵図”だったという。

 

 

 近親者のみの挙式を都内の神社で行った後、正午から東京・赤坂のザ・リッツ・カールトン東京で披露宴を開いた生野アナと中村アナの2人。軽部真一アナ(52)と大島由香里アナ(31)が司会を務め、同局の亀山千広社長(58)が婚姻届の証人となったという。

 

 新郎新婦が共演した朝の情報番組「めざましテレビ」の“めざましファミリー”も集結。高島彩(35)、中野美奈子(35)ら歴代ファミリーも祝宴に花を添え、急性リンパ性白血病で療養中の大塚範一キャスター(66)も出席、笑顔で祝福した。約3時間、終始笑みを浮かべていた生野アナだったが、出席したフジ関係者たちの視線を集めていたのは加藤アナの方だった。


「披露宴で加藤はマイクを持ちながら各テーブルを回り、出席者たちのお祝いメッセージを2人に伝えるリポーターのような役割をしていた。加藤といえば、中村の元カノだったとフジ局内で定説になってますから。幸せな笑みを浮かべる生野、中村と、マイクを手に必死にテーブルを回っている加藤の姿…。『今、加藤はどんな気持ちなんだろう』と心情を察すると、見てられなくて。ある意味“地獄絵図”でしたね」(出席者)