日本モーターボート競走会は27日、元ボートレーサーの佐々木海成(26)がモーターボート競走法に違反する行為を行っていたことを発表した。

 佐々木は2月19日付けで選手登録を消除しているが、現役選手だった期間に電話投票で舟券を購入していたことが確認された。この行為はモーターボート競走法第11条2号の「選手の禁止行為」に該当する。

 2022年11月の大阪支部の131期生として住之江ボートでデビュー。通算2勝で優出、優勝はなかった。