ボートレース宮島の「ヴィーナスシリーズ第21戦 第9回マクール杯」が27日に開幕する。

 野田なづき(23=佐賀)は前節の地元からつヴィーナスシリーズで初優出。「一時期はペラを叩くのもきつくて…。でも、今は楽しんで仕事ができています。レースもペラを叩くのも楽しい」と笑顔がはじける。

〝変化〟の要因は同支部の大先輩・峰竜太のアドバイスだ。2024年前期に自己最高の4・37をマークしたが、2024年後期適用勝率も26日現在で4・84と自己最高を更新するペースだ。「5点台に乗せるのが目標。女子戦の今節と次(まるがめ)で稼いでおきたい。予選突破が目標」と高いモチベーションを抱いて乗り込んできた。

 舟足も「自分の形にペラを叩いていってレバーを当てた時の反応が良かったし回転の上がりなんか良かった。これなら」と、しっかり戦える手応えもつかんでいる。今節は目が離せない存在になりそうだ。