有吉弘行が4日、JFN系ラジオ「SUNDAY NIGHT DREAMER」に出演。収録現場で後輩芸人に〝激怒〟したと明かした。

 有吉は「アルコ&ピース」の酒井健太、「ぐりんぴーす」の落合隆治と先日ある収録に参加。その際、ディレクターが酒井に「そこ〝間〟をあけてください」とセリフに対する指示を出したが、酒井はまったく間をあけようとせず、むしろ早口でしゃべったという。

 ディレクターは「え~、難しいかなあ…」と困惑したが、酒井は「いやいやイケます。全然イケますよ」と安請け合いし、結果同じミスを繰り返したそうだ。

アルコ&ピースの酒井健太
アルコ&ピースの酒井健太

 有吉は「めっちゃ腹立ったよな」と回想。この日ラジオを共演した落合は「リアルに10分ぐらいやってるの、それを」とあきれ返った。

 有吉は「めっちゃ腹立ったの、落合も俺も。なんだよ、こいつ!と思って。俺が結局『酒井、違うよ。〝酒井……違うよ〟、これぐらいでやれよ』『あ、そういうことなんすか?』って、聞いてないんだよな」とぶ然。

 さらに「『〇〇、こんにちは!………』って後で間とってんの。そこじゃないんだよ、どこで間とってんの?っていう。めっちゃ理解してないのに『はいはい。イケます、イケます』みたいな。落合も俺もめっちゃ、こいつアホかなって思って」とまくし立てた。

 落合が「撮ってる人もめっちゃ苦笑いで…」と振り返ると、有吉は「『酒井君はこの間が苦手かなあ?』とか優しくな。『これ、やめようかな』とかおっしゃったから、俺我慢できなくて越権行為だけど『酒井違うよ、これは』つって(教えた)。『あ、そういうこと?』みたいな。そういうこと?じゃねえよ! 腹立つなあいつ」と後輩のグズっぷりが許せない様子だった。