TBSの安住紳一郎アナウンサーが総合司会を務める「THE TIME,」が28日、時間を拡大して放送された。

 30日の同局系「輝く!日本レコード大賞」で、司会としてコンビを組む女優・川口春奈とのトークが行われたが、急きょ決まったプロ野球米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手の入団会見と時間が重なったため、二元中継のような形になった。

 午前7時55分、スタジオで安住アナと同じテーブルについた川口。あいさつが終わるや、安住アナが「ちょっとお話があるんですけど、実は、山本由伸選手がドジャースの会見を、この後8時くらいから…」と切りだした。映像は現地ロサンゼルスの山本に切り替わる。「間もなくじゃないですか」と応じる川口に安住アナは「この模様をお伝えしたいところなんですけど、まだ始まらないかな、どうでしょうか? 川口さん、どう思いますか」とまさかの質問を投げかけた。

 川口は「でも、間もなくな気がしますね、これはね。大事な時にすいません」と冷静に大人の対応。それでも映像を注視した安住アナが状況を見極め「まだかな。よし、東京のスタジオでやっちゃおう」と自らゴーサインを出し、「川口春奈さんですが、今年大活躍でしたね」とトークに入った。7時56分のことだった。

 映像や写真をまじえて川口の紹介が進行後、8時1分になると画面右下にワイプで山本の姿が映った。安住アナが「ちょっといい…」と口にするや、川口も「あ、山本選手いきましょう。始まりそう、映して」。安住アナは「本人の許可が出ました」と会見中継に切り替わった。

 ただ、冒頭に話をしたのは球団関係者。8時5分、安住アナは「記者会見続いていますけれど、山本選手の記者会見の模様になりましたら、もう一度つなぎたいと思います」と告げ、再び川口とのトークに戻るも「背番号は何番になるんでしょうね」と話題は山本のまま。川口は「今日は私の企画なんかより山本選手を。動きがあったらすぐに切り替えましょう」と返し、スタジオから「やさしい~」と声が飛んだ。

「気を遣っていただいて申し訳ない」と言う安住アナに「もう気になりますから、こっちも」と川口。本来の話題を再開させたのもつかの間、8時9分に山本のユニホーム姿が画面を独占した。同11分、東京のスタジオに切り替わったが、安住アナは「今日は解説に川口春奈さんを…」と会見中継調のアナウンス。川口も巧みにリアクションし、SNSでは「つくづく気が利くよい人なんだろうな」と称賛の投稿も見られた。

 この日は午前8時からの「ラヴィット!」の放送がなかったため、「THE TIME,」を9時55分まで拡大放送。大谷翔平投手のドジャース入団会見も日本時間15日の同じ時間帯だったが、「ラヴィット!」が通常通り放送され、生中継はなかった。