体調不良のため7月から療養を続けているフジテレビの渡邊渚アナ(26)が11日、自身のインスタグラムを更新。ユニバーサルスプーンのありがたみをつづった。

 渡邊アナは「力が出ないー!手が震えて箸が持てない!なんて時はこの形状記憶型のユニバーサルスプーンを使ってます」と写真を添えて投稿。

「元々私の家には重いステンレスのカトラリーしかなく、退院後、指でスプーンを握りしめることが大変でした。そんな時にこれを発見して、使ってみると軽いし自分の手の形に合わせられて、すごく楽! 私の場合はグリップを手に挟み込む形で使っていて、指の力がなくても食事がしやすくなりました」

 他にも重宝しているグッズとしてキャップオープナーを紹介。ペットボトルの蓋をスッと開けられるようになったという。

 渡辺アナは「最初はネットで『介護用スプーン』と調べている自分に悲しくなりましたが、今では違います。自分が少しでも楽に暮らすためのグッズ。頼っていいじゃない! 悪いことは一切してない、むしろ誰かに頼らないために使っているのだから。私にとっては、自分でなんとかしようと頑張っている証拠です」と心境の変化も明かし、最後は「自助具を使うことは、自分と周りのためになる!開発してくださった方に感謝です!!」とつづった。