ロックバンド「UNICORN」の奥田民生(58)が8日、「無題」のタイトルで自身のYouTubeチャンネルを更新。〝無言ギター〟で若くして世を去った後輩ロックスターを追悼し、ファンの涙を誘った。

 誰へ向けた演奏なのか、往年のロックファンならイントロを聞いた瞬間分かる。声はなく、かき鳴らすギターはコード進行のみ。手元だけ映し出された動画だが、激しいカッティングが特徴の曲はミッシェルガンエレファントの代表曲の一つ「世界の終わり」で間違いない。先月26日に亡くなったチバユウスケさんへ、奥田なりの手向けだ。

亡くなったチバユウスケさん
亡くなったチバユウスケさん

 長く日本を代表するロックスターだったチバユウスケさんと奥田の縁は深い。今年5月の「ARABAKI ROCK FEST.(アラバキロックフェスティバル)23」でもチバさんが「The Birthday」、奥田が「UNICORN」の一員として顔を合わせる予定だった。

 しかし、初日のトリを務める予定だったチバさんは直前の4月に食道がんの治療に専念することを公表し、出演を取り止めていた。

 奥田は過去にも自身のライブで「世界の終わり」を披露したことがあるが、その際は弾き語りだった。ただ今回は〝無言〟。声にならない思いをくんだファンからは「凄いな音楽って言葉にしなくても伝わる」「涙があふれる」と感動のコメントが広がっている。