ロックバンド「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント)」「THE Birthday」のボーカルとして活躍したチバユウスケさんが11月26日、死去した。55歳。5日に発表された。ロック界をけん引したチバさんのロックすぎる伝説を公開する。

 チバさんの訃報は5日、公式サイトなどで発表された。「かねてより回復に向けて懸命の治療を続けてまいりましたが、思い叶わず2023年11月26日に家族に見守られ穏やかに息を引き取りました。静かに見送りたいとのご意向により、親族とメンバーで葬儀を執り行いました」。4月に食道がんを患っていることを公表し、療養していた。

 1996年、ミッシェルでデビューした。硬派で不良っぽいルックス、しゃがれた声で叫ぶように歌う激しいパフォーマンスでロックシーンをけん引。「世界の終わり」などヒットを飛ばした。

 03年6月放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」は〝神回〟と称される。ロシア人の女性デュオ「t.A.T.u.」が出演をドタキャン。ミッシェルはすでに1曲歌い終えていたが急きょ、ドタキャンの〝代役〟を務めることになり、もう1曲歌った。スタジオは大いに盛り上がった。

 バンドは同年10月に解散。05年にThe Birthdayを結成した。「LOVE ROCKETS」は映画「THE FIRST SLAM DUNK」(22年12月)のオープニング曲に起用された。

 ロックすぎる伝説を多く残した。その1つが〝ペットボトル事件〟だ。

「00年のツアーで、観客がステージへペットボトルを投げ込んでチバさんの腹部を直撃。『結構効いたぜ。物投げねぇで、お前らが飛んで来い!』と言ってのけた」(音楽関係者)

 その後も投げ込みが続き、チバさんらメンバーが楽屋に戻ったこともある。ライブ会場にペットボトルの持ち込みが禁止になる事態に発展。「ペットボトルは投げるもんじゃねぇ! 水を飲むもんだ!」とファンをいさめた。

 私生活では酒とタバコをこよなく愛した。

「酒豪で、1日1ダース飲んでいたこともある、大のビール党で知られた。取材ではいつもタバコとビールをたしなみながら答えていた。インタビュー中に酔っぱらって寝てしまったことも。『健康のため』と、ビールをトマトジュースで割ったレッドアイを飲んでいたこともあった」(同)

 99年に一般女性と結婚。この決め手は、チバさんが酒席で泥酔の上、嘔吐し、それを女性がとっさに両手で受け止め、「こいつしかいない」と思ったことだという。

 お茶目でかわいい一面は多くの人に愛された。

「バンド名の由来や結成のエピソードを聞かれ、これを話すたびに答えが違うことがあった。メンバーについて『みんな石油王の息子だった』と話したり、嫌いなものを『カッパ』と話したりしていた」(同)

 魅力あふれる、規格外のロックスターだった。