日本相撲協会が公式ユーチューブチャンネルを更新。大相撲九州場所の三賞受賞力士が登場した。

 幕内熱海富士(21=伊勢ヶ浜)は2場所連続で千秋楽まで優勝争いに加わり、11勝4敗で2度目の敢闘賞。「もうギリギリの相撲ばかりで。来場所もちょっと厳しそうなんで頑張ります」と危機感を口にする一方で「皆さんの応援がすごい力になるので。また来年も皆さんの応援に応えられるように一番一番頑張ります」と決意を新たにした。

 幕内一山本(30=放駒)は11勝4敗で初の敢闘賞。「やっぱりうれしいです。しっかり前に攻めていたのが良かった」と三賞の初受賞に喜びもひとしお。「取りあえずゆっくり休んで、賞金で若隆景のグッズを買います。若隆景も復帰したので、対戦できるように頑張ります」と九州場所で復帰した〝盟友〟へ向けてエールを送った。

 関脇琴ノ若(26=佐渡ヶ嶽)は11勝4敗で5度目の敢闘賞。「いい内容もあれば、反省しなければいけない部分もあった。自分の中で勉強になる場所でした。しっかり上の番付がありますので。上を目指して稽古に精進して頑張ります」と大関取りへ向けて意気込んだ。