落語家の立川志らく(60)が29日「X」(旧ツイッター)を更新。不仲説が流れている同門の立川談春との“不仲コンビ”での出演を売り込んでいる。

 志らくは不仲説を否定する談春のインタビュー記事を引用し「不仲コンビ枠でバラエティに呼んで欲しい」とPR。

 続けて「格付けチェックなんか二人でやったら大喧嘩。ダウンタウンDXやさんま御殿だと愚痴の言い合い。プレバトの俳句コーナーなら昇吉に続く刺客。ワイドナショーならば志らくのコメントをすぐさま否定し二人炎上。笑点なら志らく司会で談春座布団配り。60年近く続いた笑点が打ち切りに。このコンビの納め役に神田伯山。もう滅茶苦茶です」と2人で出演した場合を想定して、どんな事態になるかをつづってみせた。

 その上で「でも商売にはなるよ、兄さん」と自信たっぷりに売り込んでいる。