ボートレース三国のSG「第26回チャレンジカップ」は26日、12Rで優勝戦が行われ1号艇の片岡雅裕(37=香川)が逃げ切りV。4号艇の地元・今垣光太郎(54=福井)はピット離れで遅れ、何とか4コースのスローに入ったが、攻め切ることはできず6着に終わった。

「ピット離れは伸びをつけた分ですね。マイナスなら大丈夫だろうと思ったけど、結局、ニードル調整を絞っても広げてもダメでした」と調整面での誤算を悔やんだ。

「スタートも遅かったし、レースが情けなかった」と予選トップ通過と力強く地元SGを引っ張ったが、準優1号艇で2着惜敗など終盤の戦いに関しては反省しきりだった。