北野武監督(76)が15日、東京・日本外国特派員協会で行われた記者会見に出席した。

 最新作「首」は戦国時代を舞台にした武士の物語で、自身の著作を原作として23日に公開を控えている。

 この日は騒動が相次ぐ芸能界に次々と苦言を呈した。旧ジャニーズ騒動や大手芸能事務所の闇を「日本の芸能界はひどいもん」「〝癒着〟が目に余る」などと断罪。さらに宝塚歌劇団の女性が急死した事件についても、お笑いや落語の視点から持論を展開した。

「屋号っていうものがあるんだけど。師匠を見つけて弟子になるっていう流れがあって。芸を教わるために、色々仕事をしたりする。未だに落語とかはそうだと思う」と切り出すと「でも学校を作るようになって生徒としてお金を払って芸を習うという風潮が出てきて、前ほどパワハラは酷くなくなった」と芸能の世界の変遷を振り返る。

 ただ「古典芸能とか、宝塚とか、そういうところには作法とか礼儀やなんかに非常にうるさかったり、自分が良い役をもらえるかどうかの競争のプレッシャーが残ってる組織もいっぱいある」とも指摘。「今の日本は入れ替えの時期というか。新しいエンタテインメントの形ができつつある」と時代の流れを読んだ。

 自身も身を置く映画界にもその流れがあるという。

「映画は監督と助監督だったり、徒弟制度みたいな感じの世界ではある。ただ、SNSの世界がこれほど大きくなくなってくると、とにかくソフトが足りなくて助監督たちの仕事が増えてきて、パワハラなんかでは人が辞めてしまうから、そういう意味では映画、テレビの世界では無くなってきた」と〝内情〟を明かし、宝塚へのメッセージとした。