実業家のひろゆき氏が9日、自身の「X」(旧ツイッター)を更新。ジャニーズ事務所所属タレントの今後について持論を述べた。

 ジャニー喜多川氏の性加害問題を受け7日に会見を開いたジャニーズ事務所をめぐっては、8日にもアサヒグループが今後タレントを起用した広告を展開しないことを発表するなど、大手企業が関係を断ち切る動きに出ている。

 ひろゆき氏は、「ジャニーズ事務所のタレントは被害者なので、さっさと転籍や独立して今まで通りの仕事をした方が良いと思います」と所属タレントの今後について提言した。

 さらに、前社長の藤島ジュリー景子氏について、「小児性愛者の犯罪行為を見過ごしてた藤島ジュリー景子氏が100%株主の法人から創業者一族を完全に撤退させるにはジャニーズ事務所廃業しかないですよ。第三者が株を買い取れば、藤島ジュリー氏が儲かる事になります」と説明して、「小児性愛の犯罪者の名前が付いた事務所で、被害者が居るのに放置していた代表取締役が、被害者のタレントを使って金儲けをし続けるのはおかしいと思わないのですか?」と苦言を呈した。