実業家のひろゆき氏が8日、ABEMA TVのニュース番組「Abema Prime」に出演。ジャニー喜多川元社長による性加害問題で、ジャニーズ事務所が開いた会見についてコメントした。

 ひろゆき氏は「『社長退任』というのがニュースになるのがよくない気がしてる」と指摘。「代表取締役っていうのは会社法ではすごく重要な権限を持ってるですけど、社長って誰が付けてもいいただの〝愛称〟なんですよ。だから、『代表取締役社長という愛称を外しました。でも決定権は(藤島)ジュリー(景子)さんが相変わらず持ってます』なのに、社長退任って言うと責任者から降りたように見える。事実と異なる形に捉えられるようなことをわざとやって、メディアもそれに乗っかっちゃってるというのが、どうかなと思う」と苦言を呈した。

 また、メディアの報道に関しては「今怒ってる人たちって、ジャニーさんが言い返してこないから、何をしたとしても言い放題って状態じゃないですか」とズバリ。「じゃあ、能年玲奈さんって本名なのに能年玲奈という名前でいまだに活動できないとか、すでにおかしい状況が起きてるじゃないですか。元吉本の人でテレビに出れない人もいっぱいいると。現時点でも他の事務所で起きてるにも関わらず、そこはほっといて、とりあえずジャニーさんだけ叩いてるっていう、『結局、反撃しないとこだけ叩いてるだけじゃん』っていうのがあんまり変わってない気がする」と分析した。

かわいらしいドレス姿の「のん」
かわいらしいドレス姿の「のん」

 その上で「結局現時点で他の事務所で起きてるような問題を口に出さない人っていうのは、ジャニーズ事務所の問題をずっと黙ってた人たちと一緒。そういう意味では、叩き返してくる相手がいないんだったら叩いていいっていう日本の構造自体はまだ変わってない」と厳しく断じた。