音楽プロデューサーの松尾潔氏(55)が4日、自身の「X」(旧ツイッター)を更新。「#ジャニーズ性加害問題」のタグをつけ、音楽業界に〝連帯〟を呼びかけた。

 この日はジャニー喜多川氏による性加害問題を調査する国連「ビジネスと人権」作業部会が日本記者クラブで会見。また、この問題で被害を受けた当事者7人も日本記者クラブで会見を行った。

 会見内容が報道される中で、松尾氏は「すべての音楽業界人のみなさん! 今こそSNSで声を上げませんか」と呼びかけ。「この国の未来、そしてこの国の音楽業界の未来のために。キング牧師の言葉を引用します。『最大の悲劇は、悪人の圧制や残酷さではなく、善人の沈黙である』」とつづった。

 さらに「今夜の#テレ朝の#ミュージックステーション、なんの声明もなく通常運転。正直驚きました。これがこの国のメディアの実態ですか。信じたくないな……」と投稿。この日の放送にはジャニーズ事務所に所属するKis―My―Ft2、King&Prince、関ジャニ∞が出演していた。

 松尾氏は先月まで、シンガーソングライターの山下達郎による仲介でスマイルカンパニー社に15年間在籍。ジャニーズ事務所の性加害問題に言及したことで、事務所と関係の深いスマイルカンパニー社とのマネージメント契約が終了したことを報告していた。