フリーアナウンサーの宮根誠司(60)が昨年末までに離婚していたことが2日、明らかになった。本人はこの日、司会を務める日本テレビ系「ミヤネ屋」(平日午後1時55分)で自身の離婚をスルー。女優の広末涼子のダブル不倫→離婚には前のめりだったが、自身は〝秘密主義〟を貫き、ブーイングが巻き起こっている。

 宮根は2日配信の「NEWSポストセブン」の直撃取材で、昨年末までに離婚していたと認めた。終活に関心が強く、今年4月の還暦の誕生日を前に妻と話し合い、それぞれの人生を歩もうとなったという。

 宮根は1993年に元モデルの女性と結婚するも、04年7月に離婚。06年8月に前妻と再婚した。12年1月放送の「ミヤネ屋」では隠し子報道を認め、世間を騒がせたこともあった。

 2日放送の「ミヤネ屋」では、元卓球日本代表の福原愛さんと元夫で元卓球台湾代表の江宏傑氏とのトラブルなどが紹介されたが、自身の離婚に触れることはなかった。

 これには視聴者も拍子抜け。それどころかネット上はブーイングの嵐だ。その理由はもちろん「ミヤネ屋」、フジテレビ系「Mr.サンデー」(日曜午後10時)の2つの情報番組司会として時に芸能人を追及しているからだ。

 最近では、ダブル不倫騒動で世間を騒がせた女優・広末涼子が先月23日、夫のキャンドル・ジュン氏と離婚したことを発表。この日は「Mr.サンデー」の放送日だった。

「今夜もお伝えしなければならないニュースがあります」

 宮根がいつものフレーズで番組を始めた直後、さっそく広末の離婚が取り上げられた。翌24日放送の「ミヤネ屋」でも広末の離婚が伝えられた。

 テレビ局関係者は「『Mr.サンデー』の23日放送では冒頭から3分ほど、広末さんの離婚を取り上げました。それでいて宮根さんの離婚は『ミヤネ屋』でスルーでした」と首をひねる。

 宮根は番組スタッフにも〝秘密主義〟を貫いている。

「番組スタッフと行く飲み会では、おカネの話は大好きですが、自身のプライベートは全くといっていいほど話さない。番組で芸能人のニュースを取り上げても、自身の経験談を口にするのは皆無です」(フジ関係者)

 離婚を認めたポストセブンの直撃取材では「僕はキャスターなので、プライベートなことを公表する必要はないと思っていた」と語っている。

 芸能プロマネジャーは「情報番組の司会として時に芸能人を追及するけど、自身のプライベートは明かさないスタンスということになります。これは不公平ではないか」と疑問視する。

 6日放送の「Mr.サンデー」でもスルーするか…。