有吉弘行が18日、JFN系ラジオ「SUNDAY NIGHT DREAMER」に出演。広末涼子の〝W不倫〟騒動を受けベストマザー賞の廃止を訴えた。

 有吉は各界のすてきなお父さん贈られる「ベストファーザー賞」に落語家の桂宮治、俳優の高橋克典ら5人が選ばれたというニュースを聞き「えっ? 何の根拠をもって? よくわかりませんけども」とぽつり。

 続けて「家庭のことはよく分かりませんよね。ベストマザー賞を受けていらっしゃった広末さんが、ああなってますし。篠田麻里子さんもそういうことになって。やっぱり審査員の一掃をお願いしたいです。審査員を一新するべきでしょうね。それは野球の監督だってこれだけ結果が出てないと、更迭になりますから」とぶった切った。

 有吉は世のすべてのお母さん、お父さんが「ベストマザー」であり「ベストファーザー」であると主張。「こういう賞をもらいに来る時点で、ベストマザーでもベストファーザーでもないのかもしれませんね」とチクリと釘を刺した。

 その上で「でもこんなこと言うのちょっとあれだけどさ、広末さんももらっていらっしゃったけどさ、いつからそんな関係があったのかも知らないけど、ちょっとよぎらなかったのかね、どっかでね『いいのかなあ』と」と首をかしげた。

 そして「だから、やっぱり廃止の方向に向かっていってもいいのかもしれませんね、こういうのは。だって子供たちからすると、ベストマザーを受賞しないうちのお母さんはあまり良くないお母さんなのか?と思うかもしれない」とやや被害妄想的に〝提言〟していた。