俳優・永山絢斗容疑者(34)の逮捕は各方面に大きな影響を与えている。

 かねて当局からマークされていた同容疑者は16日夜、ついに御用となった。当局は4月と逮捕当日に大麻を所持していた疑いで逮捕した。調べに永山容疑者は4月の逮捕容疑については「記憶にないのでわかりません」と供述し、16日の方は認めているという。

 事件を受け、同容疑者は来年度のNHK大河ドラマ「光る君へ」を降板。30日の出演映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編―決戦―」は予定通り公開が〝内定〟しているそうだが、関係者は対応に大わらわとなった。

 巡り巡って女優の沢尻エリカ(37)にも影響が及びそうだ。沢尻は2019年11月に麻薬取締法違反の容疑で逮捕。懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受け、今年2月に執行猶予が明けた。業界ではかねて沢尻の復帰説がウワサされ「すでにネット系ドラマからオファーが届いている。執行猶予が明ければ動き出す」(関係者)とささやかれていた。

 くしくも15日発売の「フライデー」「女性セブン」はそろって沢尻の近影を報じた。前者ではチェーンメガネをかけて堂々と買い物する姿、後者では大胆トップス姿で出歩くところをキャッチされた。

「2誌の同時掲載ははたして偶然なのか。業界では復帰を見据えた〝観測気球〟と言われています」(テレビ関係者)

 実際、沢尻の復帰計画が水面下で進んでいるのは事実のようだが、その矢先に永山容疑者が薬物事件で逮捕されてしまった。沢尻とは全く無関係ながらも、同じ薬物事案ということで、復帰計画に少なからず影響を及ぼしそうだ。

「事件によって世間の薬物への関心が高まっていますからね。このタイミングで沢尻さんが動けば、あらぬイメージがついてしまう可能性がある。事務所としては、世の中が落ち着くまでしばらく時間を空けるのではないか」とは芸能プロ関係者。

 どんな〝巻き込まれ事故〟になってしまったようだ。