女優の二瓶有加(27)が思わぬ形でブレーク中だ。登録者数110万人超の大人気ユーチューブチャンネル「佐久間宜行のNOBROCK TV」で、お笑いコンビ「トータルテンボス」の下ネタに対する自然体なリアクションが視聴者に大ウケし、同動画の再生回数は580万回を突破した。続編となる、お笑いコンビ「どぶろっく」の下ネタに耐えた回はなんと700万回超えを記録。インタビューに応じた二瓶は「こんな状況になるとは想像もしていませんでした!」と胸の内を明かした。

 二瓶は無期限活動休止中のハロプロアイドルグループ「Berryz工房」に所属していた夏焼雅の新ユニットであるダンス&ボーカルグループ「PINK CRES.」のメンバーとして、小林ひかると共に活動。2021年7月に女優に転身。現在は舞台などを中心に活動している。

「PINK CRES.」の(左から)二瓶有加、夏焼雅、小林ひかる
「PINK CRES.」の(左から)二瓶有加、夏焼雅、小林ひかる

 その二瓶に転機が訪れたのは今年3月、元テレビ東京の敏腕プロデューサー・佐久間宜行氏が運営するユーチューブチャンネルの企画「トータルテンボス 100ボケ 100ツッコミチャレンジ」だ。二瓶には知らせず、お笑いコンビ「トータルテンボス」が下ネタを交えたボケを連発。二瓶は嫌がることなく、自然体で応じる姿が視聴者の心をつかんだのだ。

 二瓶は「全然、企画には気づかなかったんですよ。私、下ネタに抵抗がないというか…女性も下ネタ大丈夫な方は多いと思うんですよね。トータルテンボスさんがすごく面白かったんですよ。だから、再生回数も増えたと思いますし、私は完全に棚ぼたラッキーです」と笑顔で振り返る。

 このキャラクターが佐久間Pの目にとまり、下ネタ歌ネタの実力者「どぶろっく」の「下ネタでもう笑いたくない女優VSどぶろっくの本気下ネタ」にも出演。牛乳を口に含んで、笑わずに我慢する姿がさらに反響を呼び、再生回数は700万回を突破。この仕事ぶりに業界関係者から熱視線が向けられてるという。

 ただ、このリアクション我慢には、二瓶の女優としての〝美学〟も込められていた。

「リアクションを我慢できずに、牛乳を吹き出してしまう時には、なるべくきれいに吹き出そうと決めていました。だらっと口にこぼれてしまうのは美しくないと思っていたので」

 思わぬ〝有名税〟も生まれた。「SNSのDMにサッカーJ2の選手からお誘いが来るようになったんです(苦笑)。もちろん、お返事はしていないんですけど! あとは私の友人が『元カレが二瓶のことを聞きたいと連絡してきた』と(苦笑)」

 もちろん、本業にも好影響となっているという。

「あの動画がきっかけで、私を知ってくださる方が増えました。それに過去のPINK CRES.の楽曲を聴いてくださった方も増えたみたいで! それはすごくうれしかったですね。取材が増えたのもすごくうれしいです」と二瓶は笑顔を見せる。

 まさに転機となったが、このチャンスを活かせたのは「肩肘張らずにやれたのが良かったのかなと思いますね」。

 続けて「私、これまで『絶対にこのオーディション合格したい!』と意気込んだものって、1つも合格したことなかったんですよ。それが今回、こういう形で注目を集めたのは、自然にやれたのがよかったのかなあと。〝素の私〟でいいんだという風に思いましたね」と語る。

 今月31日からは舞台「Monkey Works vol.10 『アビリティイレブン』」(@東京・シアターサンモール)に出演する。二瓶は「動画がきっかけで舞台のお仕事に注目が集まることもうれしいですね。映像のお仕事もやりたいと思っているので、テレビドラマなどに出演できるように頑張っていきたいと思います」と意気込んだ。