ジャニーズ事務所の故ジャニー喜多川前社長の性加害問題は、1965年から週刊誌などで話題になっていた。今回ようやく同問題をタブー視していたNHKや民放テレビ局も報じた。一方で先駆けて追及してきたのは立花孝志氏や元参院議員のガーシー(東谷義和)容疑者だったが…。

 立花氏は15日、自身の公式ユーチューブで「2003年に裁判所が認め、文春がいくら書いてもテレビ局は知らん顔。やっとこじあけた感じですよね」と、ジャニー氏の性加害問題をテレビ各局が報じて、日の目を見たことに一安心した。

 同問題は1965年に週刊誌で報じられたのを契機に、88年に元ジャニーズの北公次氏が暴露本を出版し、複数メディアが報じていた。

 さらに、99年には週刊文春の追及キャンペーンを巡って、ジャニー氏は名誉毀損と訴え、裁判に発展。03年に東京高裁は「セクハラに関する記事の重要部分は真実」と認定したもののテレビ局は黙殺していた。

 それから約20年の月日を経てまたも持ち上がった性加害問題の新展開は、元ジャニーズJr.のカウアン・オカモト氏が昨年11月にガーシー容疑者とコラボしたことがきっかけだった。この告発をきっかけに今年3月に英BBCがドキュメンタリー番組で取り上げ、火がついた。

 さらに立花氏は独自にキャンペーンを展開。政治家女子48党の浜田聡参院議員は3月の参院総務委員会で「(03年の時点で)メディアが適切に報道すれば、その後の被害拡大をある程度抑制できた可能性はある」「国民の受信料で成り立っているNHKはジャニーズ事務所に忖度すべきではない」とNHKの専務理事を問い詰めていた。

 さらに4月の衆院千葉5区補選では、カウアン氏を同党の政見放送に出演させ、ジャニー氏による性被害の実態をニュース調で取り上げた。NHKの編集権が及ばない政見放送で、性加害問題を公共の電波に乗せる荒業に出ていた。

 この間、カウアン氏は日本外国特派員協会でも会見し、ようやく問題の一端がNHKでも報じられた。外堀を埋められての圧力に耐えかねたのか今回、ジュリー氏が謝罪に至れば、テレビ各局も重い腰を上げざるを得ない状況に至った流れだ。

 ただ、立花氏側も手放しで今回の事態を喜べる状態とはいえない。ガーシー容疑者は国会に登院しないことを理由にあっさりと議員除名になっただけでなく、俳優の綾野剛らへの名誉毀損などの容疑で警視庁から逮捕状が出て、国際手配される身となった。

 立花氏はジャニーズ問題をはじめとしたタブーに触れたことでの芸能界や政財界、メディアによる報復ととらえているが、ガーシー容疑者は暴露系配信の引退を余儀なくされ、熱を上げたジャニーズ問題の追及もストップしたままだ。

 また立花氏もガーシー騒動の引責で代表ポストを大津綾香氏に譲ったことをきっかけにお家騒動となった。国政政党ののれんを奪われかねない事態に陥り、今回の手柄どころでないのが実情だ。

 ガーシー容疑者や立花氏は暴露と引き換えに「死なばもろとも」と覚悟を決めての行動だったとはいえ、その代償は大きかった。

ジャニーズ事務所60年目の大激震 | 東スポWEB

東京スポーツ新聞社の公式メディアサイト「東スポWEB」。最新エンタメ、プロレス、スポーツ、UMA情報はお任せ!日常・・・

www.tokyo-sports.co.jp
ジャニーズ事務所60年目の大激震 | 東スポWEB