女優の遠野なぎこ(43)が22日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で〝スピード離婚〟を生報告した。

 遠野は先月22日の同番組で一般男性との入籍を発表。マッチングアプリで出会い、交際50日ほどのスピード婚だと説明した。翌23日にはインスタグラムを更新。〝仏滅入籍〟を選んだことに「私は人と被る事がとても嫌いな性格だから。芸能人に限らず仏滅の日にわざわざ入籍をする方は決して多くはないだろうし、と考えての事です」「2月22日はニャンニャンニャンの日だからコレは私にピッタリだと思って昨日を選びました」と2つの理由を記した。

 この日、正午前に更新したブログで「3月7日に離婚致しました」と報告。「お相手の方が一般の方の為、この場を持ってのご報告とさせて頂きます」と詳細には触れず、「互いに違う人生を歩む事になりましたが、皆様どうぞこれからも宜しくお願い致します」とつづった。

 番組の冒頭、話を振られた遠野は、入籍から13日目でのスピード離婚について「言えたらいいんだけどお相手の方が一般の方だから、私が一方的に言うとフェアじゃない」と理由を明かさなかった。MCのふかわりょうに結婚観について問われると「(結婚は)そんなに大事じゃないよ。これってタイミングだから」と話した。

 一部メディアで、自身のインスタグラムに投稿(3月5日)した写真で左手薬指に指輪をつけていたと報じられたが、その時点ではすでに離婚を意識していたようで「自撮りだから反転してるだけ。バレてなかった」と右手薬指の指輪をアピールした。

 遠野は2009年に交際半年で年下男性と結婚し、2か月後に離婚。14年5月に元プロボクサーのバー関係者と再婚したが、わずか55日で離婚した。