放送作家・鈴木おさむ氏の〝SMAP小説〟が話題となっている。

 発売中の「文藝春秋」創刊100周年新年特大号に掲載されているもので、タイトルは「20160118」。これは国民的アイドルグループだったSMAPに解散騒動が持ち上がり、2016年1月18日放送「SMAP×SMAP」(フジテレビ)の中で生謝罪した日付だ。

 同放送でメンバーはスーツ姿で騒動を謝罪。本来、中央にいるはずのリーダー中居正広は隅に追いやられ、代わりに木村拓哉が立った。ネット上では「公開処刑」と揶揄され、同番組に携わった鈴木氏が〝あの日〟のことを生々しい言葉で回想している。

 とりわけファンがザワついたのは、当初、必要最低限の言葉で騒動を謝罪するはずだったのに、土壇場で木村への謝意が〝追加〟されたこと。小説では匿名になっているが、それを指示したのが当時のジャニーズ最高権力者・メリー喜多川さん(故人)であったことは容易にわかる。

 追加されたセリフは「木村君が、ジャニーさんに謝る機会を設けてくれて僕たちは今ここに立てています」。これを草彅剛が感情を押し殺して読んだ。

 初めて明かされた一部始終にSMAPファンは騒然。なぜかKing&Princeのファンも異常反応した。キンプリもまたメンバーの平野紫耀、岸優太、神宮寺勇太が来年5月にグループを脱退、それぞれ退所することが発表された。

 その際に公開されたファンクラブ動画では脱退メンバーの表情や視線に違和感を持つ者が続出。SMAP同様、何らかの〝台本〟があったのではないか?という見方が飛び出した。

「鈴木さんの小説はそうした疑惑を補強する材料になってしまった。彼の意志とは全く違う方向で話が盛り上がってしまっている」(テレビ関係者)

 絶対的権力者が物事を決めるジャニーズ事務所。その〝体質〟を問う声は日増しに強まっている。

「ジャニーズ事務所が恐れているのは〝ブラック企業批判〟に発展することです。6年前のSMAP騒動の時もメリーさんはジャニーズ事務所が『ブラック企業』と呼ばれ、相当参っていました」(同)

 ジャニーズ事務所はかねてコンプライアンス徹底に注力してきた。〝ブラック企業〟扱いされては、そうした努力が無に帰す。芸能プロ関係者によると「メリーさんのあとを継いだジュリー社長は、タッキー(滝沢秀明氏)やキンプリの騒動で一方的に悪者にされ、ショックを受けている。そこに輪をかけ、ブラック企業扱いされてはシャレにならない」という。
 
 鈴木氏の〝SMAP小説〟は劇薬だったようだ。

中居正広〝激ヤセ写真〟は偶然か 別カット目撃した関係者が証言 | 東スポWEB

年内休養を発表している中居正広(50)が、11日放送の「中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞...

www.tokyo-sports.co.jp
中居正広〝激ヤセ写真〟は偶然か 別カット目撃した関係者が証言 | 東スポWEB