俳優・香川照之(56)が大ピンチだ。銀座ホステスへの性加害報道により、金曜司会を務めていた「THE TIME,」(TBS系)の降板が決定したほか、CMは続々と終了。俳優業にも影響は出ており、出演が内定していた10月開始のTBS日曜劇場「アトムの童(こ)」も、発表こそされていないが〝ステルス降板〟となることはほぼ確実だ。制作サイドは急ピッチで代役を探している。

 トップ俳優が一気に転落した。銀座ホステスへの〝性加害〟報道でトヨタ自動車などの企業が次々とCMを終了。金曜レギュラーのTBS朝番組「THE TIME,」も降板となった。

 もちろん役者としてもノーダメージなわけがない。1日放送の「六本木クラス」に関して、テレビ朝日は「番組の収録・放送を継続する」としたが、「いまさら差し替えられないというだけ」(テレビ局関係者)。

 さっそく香川外しの動きも出ている。実は10月スタートの日曜劇場「アトムの童」への出演が決まっているのだ。役どころは山﨑賢人演じる主人公が復讐に燃える〝ラスボス〟的な人物。「半沢直樹」で演じた大和田常務、「六本木クラス」の長屋茂会長と似たような役柄だ。

 TBSは1日、オンラインで10月期の番組改編説明会を行い、そこでも「アトムの童」が紹介された。山﨑は天才ゲーム開発者、その過去を知るキーマンを松下洸平、玩具メーカーの一人娘で銀行員を岸井ゆきのが演じる。ほかに風間杜夫や戸田菜穂らベテラン勢が脇を固める陣容だが、そこに香川の名はなかった…。

 その原因は不明だが、すでに香川は収録に参加しており、多くのシーンで撮影を済ませている。

 それが一連の〝降板ドミノ〟を受けて、潮目が変わった。局内関係者の話。

「『THE TIME,』は外したのに『アトムの童』は出るというのは難しい。降板でほぼ決まり。ただ発表していなかったことは不幸中の幸いで、出演自体がシレっとなかったことになりそう」

 ドラマで香川が演じるはずだった役は物語のキモとなる存在であり、脚本を書き直してストーリーを変えることは厳しい。そこで大急ぎで代役探しに着手しており、現段階で市川猿之助、及川光博、高嶋政宏らの名前が上がっているという。

「香川と同じく『半沢直樹』シリーズに出演していた猿之助、及川らが有力候補。でも一部からは『香川と同じ半沢直樹枠で出演はつまらないのでは』『フジテレビのドラマが決定している猿之助さんに頼むのは…』という意見も出ており、決定にはもう少し時間がかかりそう」(制作会社関係者)

 TBSは香川の「アトムの童」出演内定の事実関係と、出演取りやめについて「番組の制作過程については従来お答えしておりません」と回答した。