27日のアカデミー賞授賞式で米俳優ウィル・スミスに平手打ちを食らった米コメディアン、クリス・ロックが30日、騒動後初めて心境を明かした。

 米芸能誌「バラエティー」によると、クリスは同日夜、米ボストンの劇場でのスタンダップコメディショーに出演し、ステージに上がると観客からはスタンディングオベーションの歓迎を受けた。鳴りやまぬ拍手にクリスは、「ショーを始めさせてよ!」とさえぎり、「みんなの先週末はどうだった?」と切り出し、笑いを誘った。

 その上でクリスは「何が起きたかはあまり分からないんだよね…まだ何が起きたのかを整理しているところなんだ。だから、時が来れば話すよ。きっとマジメでおもしろいよ」と胸中を明かすと、観客の一人は「くたばれスミス!」と叫び、クリスを支持した。するとクリスは「さあ始めるよ。ここに来れてよかった」と前置きし、ネタを始めた。

 一方、アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミーは30日、理事会を開き、ウィルへの処分の可否について審議を開始。米メディアはアカデミーから除名される可能性もあるとしている。

 報道によると、ウィルは書面でも弁明の機会を与えられ、4月18日に行われる次回の理事会で処分が決定する見込みだという。