降格処分の中川親方 3人の弟子に「ぼんくら」「殺すぞ」暴言と暴力繰り返す

2020年07月13日 17時39分

中川親方

 日本相撲協会は13日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、弟子に対して不適切な指導を行った中川親方(54=元幕内旭里)の処分について協議。同親方を「降格」(委員から平年寄への2階級降格)の懲戒処分とし、中川部屋は閉鎖されることになった。相撲協会の発表は以下の通り。

 中川親方は今年2月、弟子Aに対してちゃんこをこぼさずに運ぶように注意した際に顔面中央付近を右の拳で1回殴打。3月の春場所中には弟子Bの仕事の不手際に立腹して背中を1回蹴り、左顔面を左の平手で1回叩いた。また、別の場面では弟子Bが居眠りをしていたことに腹を立て、正座をさせながら説教。腹を3回蹴り、胸部を拳で2回殴打した。さらに昨年夏ごろには弟子Cに対して浴衣の帯の結び方が乱れていたことを理由に左こめかみ付近を拳で1回殴打したという。3人にはいずれもケガはなかった。

 また、中川親方は前出3人の弟子に対して「ぼんくら」「クビにするぞ」「殺すぞ」などといった暴言を繰り返していた。

 相撲協会の賞罰規定では、懲戒は重い順から「懲戒解雇」「引退勧告」「降格」「業務停止」「出場停止」「報酬減額」「けん責」の7段階。今回の処分は3番目に重い処分となる。