【大相撲7月場所】幕内阿炎 新妻から〝炎上〟禁止令「あれはダメでしょと言われた」

2020年06月29日 15時52分

阿炎

 大相撲7月場所(7月19日初日、東京・両国国技館)を控えた29日、幕内阿炎(26=錣山)が報道陣の電話による代表取材に応じた。阿炎は同じ埼玉・越谷市出身で3歳年下の一般女性と今月24日に入籍した。3年前に知人の紹介で知り合い、交際に発展。今年3月の春場所後に阿炎から正式にプロポーズして晴れてゴールインとなった。

 阿炎は「すっきりした状態で(7月)場所を迎えたかった。みんなからお祝いの連絡がきて良かった。親が一番、安心してくれて。本当にうれしい気持ちになった」と心境を語った。すでに都内で共同生活を開始。愛妻の手料理については「いろいろ作ってくれますよ。僕はスタ丼(スタミナ丼)が好きなので、それに似た料理が一番うまい。何でも作ってくれる」と明かした。

 阿炎といえば、昨年11月の九州場所前にインスタグラムに不適切な動画を投稿して炎上。日本相撲協会に反省文を提出したことでも注目を集めた。阿炎は「(奥さんは)毎日ニュースを見てたみたい。『やらかすなよ』って。年下とか関係ない。言う時は言ってくれる。『さすがにあれはダメでしょ。洸助くん(阿炎の本名)らしいけど、次はやらないように。それも経験』と言われた。そこまで言われたら『もうやらない』と思った」と夫人から厳しくクギを刺されたことを告白した。

 7月場所に向けては「籍を入れてすぐ負け越すのは嫌。先場所は負け越しているし、しっかり土俵の上で自分を出したい。初優勝を目指しているのは変わらない。ちゃんと仕上げていきたい」と意気込んだ。